風邪予防

プロポリスの消毒、殺菌、抗菌作用

プロポリスは、ミツバチが巣を守るための粘着性の物質です。
日本では「蜂ヤニ」と呼ばれます。
プロポリスは、ミツバチの巣の衛星環境を保つ為に必要な成分です。

ミツバチは、多い時で5万匹以上もの集団生活を送っています。
このミツバチの過密世帯を常に衛生的に保つ「巣の強化剤」としてプロポリスは非常に重要な働きをします。
プロポリスには強力な殺菌作用があります。

http://www.ellenwhiteexposed.com/egw79.htmにもかいてあるように、ミツバチは巣を微生物やウイルスから守るためにプロポリスを巣作りに使うのです。
プロポリスが人間にもたらす作用として、殺菌、抗菌作用の他、抗生物質が効かないウイルスに対する抗ウイルス作用があります。
単純ヘルペスウイルス、水疱性口内炎ウイルス、パポバウイルス、センダイウイルスなどへの抗ウイルス作用が確認されています。

また、気管支炎、咽頭炎、肺炎などの原因となる微生物「マイコプラズマ」に対しての抗ウイルスも確認されています。
この他、あらゆる病気、怪我の改善作用、抗癌作用、美容作用に優れていますが、抗生物質が全く効かないウイルスに対して優れた抗ウイルス作用があるというプロポリスは、非常に心強い存在といえるでしょう。
プロポリスは虫歯の予防や口内洗浄にも適しているということで、プロポリスが入ったマウスウォッシュもたくさん販売されています。

ミツバチの小さな体のどこにこれだけの力があるのでしょう。
ミツバチは、人間の想像を超えた凄まじいパワーを持っているのです。

このページの先頭へ