風邪予防

プロポリスでインフルエンザ予防?

プロポリスでインフルエンザが予防出来るのは、強力な殺菌・抗菌作用によるものです。
プロポリスは、強力な抗酸化作用を持っているため、古くから天然の抗生物質として利用されています。
プロポリスは、ミツバチがウイルスや菌から巣を守るために自ら作り出す希少成分です。

抗酸化作用に加え、強力な殺菌、抗菌、抗ウイルス作用で自分たちの巣を細菌から守っています。
プロポリスは殺菌・抗菌作用、抗ウイルス作用、抗酸化作用、鎮痛作用、免疫増強作用によって、人体にも優れた効果を発揮します。
万病の元である風邪やインフルエンザも、プロポリスが強力にシャットアウトします。

年々変異しながら大流行するインフルエンザウイルスに対してプロポリスは非常に強力に働きます。
プロポリスの抗ウイルスの優れた作用でインフルエンザウイルスの増殖を強力に抑えます。
人口の抗生物質が全く効かないといわれる微生物にさえ優れた抗ウイルス作用を発揮するプロポリスですから、インフルエンザがどんなに新型ウイルスとして構造を変えても、プロポリスには問題ではないのです。
普段の生活習慣で抵抗力を強くすることと併用しながらプロポリスを取り入れていくことで、より強い体を維持する事が可能です。
プロポリスを簡単に取り入れる方法はサプリメントやのど飴などではないでしょうか。

このページの先頭へ