風邪予防

プロポリスの独特の香り

プロポリスは、独特の味と強い香りこそが、高品質のプロポリスといえます。
プロポリスは自然で育つものであり、自然と森林の匂いが凝縮されたものです。
プロポリスの味やにおいが苦手という方もいれば、そうでもない方もいます。

良質なプロポリスは、刺激臭の中にもほんのりと甘みのある奥深い樹木の香りを感じる事が出来、刺激と苦味がありながらも、爽やかな後味が口の中いっぱいに広がります。
反対に、粗悪なタイプの物を口に含むと、感じるのはピリッとした刺激と苦味のみで、いつまでも刺激が消えず、後味の悪さだけが残ります。
実際に体験して品質を確かめる方法は、その味と香りです。

口中に広がるのがただの刺激臭だけなのか、ほんのり樹木の甘みを感じるのか、後味が良いのか悪いのか、これには、多少なりとも味覚が影響しますが、若い世代や、現代の食品添加物、科学合成食品に味覚が慣れてしまっている場合、プロポリスの味に苦手意識を持つ事もあります。
プロポリスは、ある程度、強い香りや独特の味のあるものの方が良質であるといえます。
「良薬口に苦し」とはまさにこのことで、良質で本当に価値のあるプロポリスこそ、独特の香りと味覚を持っている証明なのでしょう。

このページの先頭へ