風邪予防

プロポリスがアレルギーに効く?

食品では、牛乳や卵、大豆、蕎麦などがアレルゲンの原因としてあげられますが、お米や果物で起こる例もあります。
抗生物質などの薬剤や血が固まるのを防ぐ多糖類でも起こります。
食品から薬品まで、ほとんどのものがアレルゲンとなる可能性があり、今や、アレルゲンのないものが存在しないのではと思えるほどです。

プロポリスの成分フラボノイド、銅、亜鉛、鉄、アミノ酸、マグネシウム、ビタミン類が、花粉やチリ、ホコリなどのアレルギー対策にも役立ちます。
プロポリスは美容と健康効果に優れた効果をもたらしますが、プロポリスそのものが天然成分で出来ている事から、少なからずアレルギーを誘発する可能性は否めません。
アレルギーを改善させるために、アレルギーを誘発してしまっては本末転倒です。

プロポリスを摂取する際は、必ず医師や薬剤師に相談するか、少量ずつ摂取するようにしましょう。
生活に関わるほとんどのものがアレルゲンになる可能性がある現代にあって、健康食品によるアレルギーが起こるとしても不思議ではありません。
アレルギーは免疫の仕組みが正常に稼動しないことで起こります。
免疫システムのほとんどが腸で作られるため、アレルギー体質の方は腸内環境が乱れているといって良いでしょう。
残念ながらプロポリスにアレルゲンがある方は、別の健康食品を摂取するか、アレルギーを根本から改善する「腸内環境」をまず、整えてから摂取してみましょう。
是非家族全員でプロポリスを始めてみませんか。

このページの先頭へ